So-net無料ブログ作成

ハリルのサッカーは嫌いだけど正解(小林悠びいき) [サッカー]

スポニチ
小林 惜しい1号…「正直入ったかなと思った」

ロシアW杯アジア最終予選[サッカー]
イラク、オーストラリア戦はどちらも厳しい試合でした。

こういう試合は結果が全てなのでイラク戦はひとまずOK。

ロングボールが多く裏もけっこう空いてたので、
吉田の位置から精度の高いボールが悠に出ればチャンス・・・。

という場面が2、3回ありました。

もともとハリルのサッカーにはあまり興味がないので、
この試合はそこだけ残念でした。

そして、オーストラリア戦。

今までの試合と比べると引き締まった入りで、
原口の先制点も決まり良かったと思います。

ただ、全体的にはオーストラリアに主導権を握られ、
危ない場面は少ないものの常に攻められ続けました。

選手同士の連携だとか意志疎通だとか、
意図的に崩すとか皆無に感じます。

ときどき、本当にたまに連係でパスが繋がる事もありますが、
ずっと一緒にやって来たメンバーです。

ザックやらアギーレやらでやって来た事が、
チラリと出る事もあると思います。

個人的にはそういうサッカーが好きですが、
代表では結果が出ない事がブラジルでも証明されてます。

日本の”自分たちのサッカー”を続けるには、
監督ごとにサッカーを変えず最悪W杯出れなくてもブレずに、
ずっと同じサッカーを続ける事だと思います。

無理。

今では日本人が海外の強豪チームに所属する事は、
決して珍しくありません。

その事で日本が強いチームになったと、
少し錯覚を起こしてしまってる気がします。

個人の実力です。

しかも、その選手たちでさえそれぞれのチームでは、
結果どころかチャンスも与えられてない状態です。

この30前後の選手たち以降は、
そういう選手達もいなくなりそうです。

実際、この選手達のピークも過ぎている気がします。

ハリルの今までの選手選考も原因ですが、

もの凄く選手層がペラッペラに薄いこの状況で、
更に結果が求められる戦い方と考えると、

急きょ監督になった岡田さんの時と同じで、
守備重視にするしかないんじゃないかと思います。

そして、この試合で褒めるとすれば守備です。

選手全員が切れることなく、
献身的な守備を終始続けていました。

日本が守備の脆さをずっと言われてた事を考えると、
昨日の守備は良かったと思います。

ただ、この試合を勝つという事を考えた時に、
どうなのかという話で・・・。

交代の遅さにも衝撃を受けましたが、
攻撃に関しては策のない監督なんだと改めて思い知らされました。

香川を清武、浅野をもっと早く出して、
後半30分で斎藤を出してたら面白かったと思います。

この際、体がデカい、足が速い、背が高い。

豊田、永井、ハーフナー。

守って守ってカウンターとロングボール。

現実的なサッカーじゃないでしょうか。
(嫌いだけど)

ロシアW杯後に期待してます。

オーストラリア戦は小林悠もスタメンで、
最近ではめずらしくじっくり観ました。

小林悠にも今までの試合と比べればパスは来ましたが、
本当に欲しい場面ではやっぱり来ませんでした。

悠は決して背は大きくありませんが、

ヘディングはほぼ勝ってましたしパスカットなど、
守備の貢献は結構大きかったと思います。

相手に囲まれたり厳しい場面でパスを受けても、
取られず前にも運べてましたし、

本田にもしっかりと供給出来てたと思います。

残念ながら、それを本田がなかなかキープ出来ずに、
チャンスに繋げてくれませんでしたし、

正直、原口と本田は悠がせっかく抜け出していい位置に出そうだったり、
ノーマークで合図してても一切パスをくれませんでした。

原口は逆サイドのガラガラ悠に出さずに、
バックパスをして攻撃1からやり直し・・・が数え切れず。

本田は真ん中でボールを持って左に原口、右に悠の場面で、
解説でさえ小林悠が・・・小林悠に・・・くらいの場面でも、
原口に出して数回相手にカットされてました。

苦し紛れの場面でだけパスを出してくれて、
悠はそれを相手に取られずまた本田に出してそこで取られる。

ヘディングであれだけ勝ってボールも取られてないので、
もう小林悠トップにすればいいのに・・・と思いました。

ただ、大島にも小林にも言える事ですが、

日本代表の試合を観てると、

フロンターレならこうなのに・・・とか、
フロンターレの選手ならこうしてくれるのに・・・と、
どうしても考えてしまいます。

日本代表に選ばれる選手は、
どんな環境でどんなサッカーにも順応出来る選手だと思います。

あのつまらないサッカーでどんなにパスが来なかったり、
受ける選手が下手でもその中で結果を出さなければ、
次は呼ばれないでしょう。

個人的にはあのサッカーに呼ばれても・・・とも思いますが、
やっぱり代表で活躍するフロンターレの選手も見たいので・・・。

小林悠びいきは以上です。

最近、つくづく俊輔、遠藤、憲剛の偉大さを感じます。

調子の良し悪しに関わらず、
常に安定した一定のレベルを保ち続けてましたし、

セットプレーやパスなどそれぞれがスーパーな武器を持ってて、
遠藤と憲剛は海外組にも負けない実力だったと思います。

そして、どの選手にも平等にその時最善のパスを供給してました。

国内組とか海外組とか分けられるのは腹が立ちますが、
スーパーな国内所属選手が出て来ないのも事実。

代表選考の時点でチャンスが与えられてないから、
しょうがないんですけど寂しいです。


悠のヘッドが決まってればな・・・[ふらふら]

にほんブログ村 クリックお願いします^0^
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ←川崎フロンターレブログはコチラをクリック

にほんブログ村 日本代表
にほんブログ村 サッカーブログ
blogram
blogram投票ボタン

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。